トップページ > 畳替えとは

畳替えとは

畳の名称

畳は基本的に畳表・畳床・畳縁を縫い合わせてできています。

畳表・畳縁・畳床

畳替えの分類

「畳替え」は、3種類に分類することができます。畳の状態によって使い分けられます。

畳表だけを取り替える「表替え

畳が日焼けして色が変わったり、いたみが激しくなったら、畳床はそのままで畳表(ゴザ)だけを取り替えます。これを「表替え」といい新品で購入して5~6年目で行うのがおすすめです。畳へりも新しく替えて、お部屋全体をリフレッシュしてください。

畳表を裏返して使う「裏返し

畳は畳表(ゴザ)を裏にして使用する事もでき、これを「裏返し」といいます。年数が経つほど裏側まで日焼けしますので、表替えをしてから2~3年が目安です。

畳を全部新しくする「新畳

購入してから15年~20年くらい経ったら、変色や傷みもかなり進んでいるはずです。思い切って新品を購入しましょう。畳床はメンテナンス次第で、約30年長持ちしますが、歩いたときにフカフカしたり、デコボコしていたら取り替えどきです。古い畳はその機能低下はもちろんのこと、衛生上もよくありません。

畳替えの流れ

  • 1. ご連絡

    まずは、お電話またはホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。

  • 2. お見積り(無料)

    ご指定日にサンプルを持ってお伺いいたします。畳の無料診断やアドバイスもいたします。

  • 3. 引き上げ作業

    お見積の際に決めたご都合の良い日に、畳を引き上げに参ります。
    (およそ30分程度の作業です)

  • 4. 張替え作業

    工場にて張替え作業を行います。

  • 5. 敷き込み・納品

    その日のうちに張替えをした綺麗な畳をお届けいたします。段差・隙間なく丁寧に敷き込みます。

  • 6. 一日で作業完了

    仕上がりをご確認いただき、代金をお支払いいただき、全て終了です。

畳のことならどんなことでもお任せください!0120-78-6171

商品・サービス紹介

  • 畳
  • 畳の加熱殺菌
  • ふすま
  • 障 子
  • 網 戸